top of page
  • besutohausuz

カバールーフ 千葉県柏市 K様邸


今回は屋根のカバールーフ工法のご紹介です。


屋根の工事にはいくつかありまして、

屋根の【塗装】

瓦の【葺き直し】

屋根を交換する【葺き替え】

屋根を上から被せる【カバールーフ】

主にこの4種類に分かれます。


その中でもこの投稿ではカバールーフの説明をしていきます。


このお客様の屋根はスレート屋根というもので、築年数及び修繕歴から考えても、スレートの耐久年数が過ぎておりました。その為、屋根の塗装工事をしたとしても、10年持つのか危うい所でしたので、新しい屋根を被せるカバールーフの工事を行いました。


カバールーフとは、既存のスレート屋根の上に防水シート【アスファルトルーフィング】を貼り付け。

その上に新しい屋根材【アスファルトシングル】を貼り付け。

棟やケラバ、軒先の役物の新設いく工事になります。


大まかに説明するとこの流れで工事を行います。


今回はアスファルトシングル材という屋根材を使用しましたが、その他に多くの屋根材があります。

お客様が、今後この家に何年住んで行くか、ご家族に引き継がれるのか、金銭面的に厳しくないのか等を考慮して、最適なプランをご提案しております。




閲覧数:308回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page